3年でサブ3を達成する物語『33QUEST』

メタボ中年が無謀にも市民ランナーの大いなる頂きであるサブスリー(フルマラソン3時間切り)を目指すブログ。『サンサンクエスト』

ご挨拶とこれまでのランニング2

ランニングを始めてから膝を痛めるまでの6か月ちょっと(2018/8~2019/2)の間に体重は75㎏⇒67㎏まで減量していました。

漠然と三浦国際マラソンまでに65㎏くらいになってればいいなと思いつつ、走る以外で気をつけたのはお菓子やアイスクリームを極力控える事くらいだったでしょうか。食事は普通にしていました。

それからランニングするようになってからはストレスも解消されるし腰痛も軽減されたりお医者さんも驚くほどLDL(悪玉コレステロール)の数値も下がったり、尿酸値も規定値に収まったりといい事ずくめでした。

ちなみに膝を痛めて走れなくなってからはお菓子やアイスも再び思う存分食べるようになり7月になると体重はブーメランのように戻ってくるのでありました。

 

というわけで前回の続きいきます。

それでもう走れないんじゃないかという不安を抱えながらも、2か月くらい間を空け6月の終わりくらいからまた走ってみようと思いその間はアイシングを覚えたりYouTubeや本などで自分に合うストレッチを研究しながら走ることはしばらくやめていました。

膝の痛み対策のストレッチは日課となり、嬉しい副産物として走らなくなってから再び始まってきた腰痛が軽減されるという事が起きてきました。その他肩こりや首の疲れなどもに対してもしっかりとストレッチをすればとても効果があるのでこれはすごいなと感じ始めていました。

膝を痛めるまではウォーミングアップもしないでストレッチも自己流のテキトーな感じで軽~くやるか、もしくは全くしないか、そんな感じでした。ストレッチをしっかりとやっていくなかで、走る前、走った後のケアの重要性を学べたのは膝を痛めて唯一良かったことかなと思います。私は失敗しないと気づけないという典型的にそういうタイプかもしれません。

6月の終わりからしばらく雨も続き再び走ってみたのは3ヶ月以上あけた7月18日の事でした。走り出してみると膝に疼きがあってそれがまた痛みに変わるんじゃ!?という恐さは非常にもありましたがその結果は

「あれ、痛くない。走れる!」

5分走って5分歩いてを3セット。それとWS(ウィンドスプリント)2本。これだけでした。それだけでも嬉しさのあまり半泣き状態で帰り道はお花畑をスキップしながら帰るような気分でした。

 

※ウィンドスプリントというのはダッシュではない素早い動きの走り。よく70~80%で50m~100m走るなどいわれまています。私の場合は20秒走って1分歩くのワンセットとして行ってます。

 

つづく

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村