3年でサブ3を達成する物語『33QUEST』

メタボ中年が無謀にも市民ランナーの大いなる頂きであるサブスリー(フルマラソン3時間切り)を目指すブログ。『サンサンクエスト』

2020年5月まとめ

 2020年5月まとめ

走行距離

209.7㎞

f:id:sunchan33:20200601001609j:plain

久しぶりに月間200㎞超える事ができた。

f:id:sunchan33:20200601001613p:plain

肉離れ・出産が重なりあまり走れなかった2月から徐々にまた走れるようになってきた。

最近は赤ちゃんも夜になると5・6時間連続で寝るようになってきた事もあり、私も走りに出やすくなってきている。

走力の向上を感じていた頃は250㎞くらいは走っていたのでその辺りまでは戻していきたい。

f:id:sunchan33:20200601065317j:plain


体重

f:id:sunchan33:20200601001626p:plain

思うように減らず;

パンとかお菓子を減らさないとダメかな。

6月は60㎏台にもっていきたい。

VO2max

51⇒50⇒51⇒52⇒51

最近は51で落ち着いてしまっている。

f:id:sunchan33:20200601001638p:plain

練習でのVDOT値

4341

ポイント練習にメンタルが全くついてゆかぬ日々。

撃沈癖がついてきてしまったことのあり思い切って練習用VDOTを2つ下げる。

ここからポイント練習耐性を再び上げていきたい。

昨夜のランニング

2020/05/31(日)くもりのち小雨 21℃

  1. ウォーミングアップ 10分
  2. インターミッテント(R1分+E4分)×12

f:id:sunchan33:20200601001535j:plain

ラスト一本で着地感覚と骨盤の動きが良くなる。

苦しくなり過ぎずにスピードを上げられる感じがあった。

この感覚をしっかり覚えておきたい。

f:id:sunchan33:20200601001542p:plain

f:id:sunchan33:20200601001549j:plain


今月(5月)の走行距離

  • 209.7km

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

黄色い声援と腹痛

練習用VDOTを43⇒41に下げ

初回のポイント練習。

 

ここからどうにか撃沈癖を修正していきたい。

 

***

 

静かな夜。とある公園の石畳にせわしく響く呼吸音。

クルーズインターバルにいそしむ私。

時に苦しめの練習は腹痛のトリガーになる事を久しぶりに思い出しながら走る。

 

若干お腹が痛くなってきたなと思いながら走っていると、街灯の下を照らす灯りに誘われるように、ベンチにたむろするナウなヤング達が見えてきた。

距離を取って通過しようとすると漂ってくるタバコの臭い。

その中の一人の少女が走り去ろうとする私に何かを叫んだ。

「まっ直ぐ走れー!!」

と聞こえたような気がした。

これが俗に言う黄色い声援ってやつなのだろうか!?

しかし、まっ直ぐ走ってる男に「まっ直ぐ走れ」とは随分とんちの効いた言葉ではないか。(サブスリーに向かってフラフラやってないで、もっとまっ直ぐに向かっていけということだろうか?)と、そんな事はあるだろうはずもなく、束の間、(あーそうか)何を叫んだのかが理解できた。

「マスクして走れー!!」

って言ったんだと思う。たぶん、きっと、絶対。

とんちではなく、エッジの効いた言葉だった。

 

私がもしもカイジだったら…

 

ざわざわしただろう。たぶん、きっと、絶対。

f:id:sunchan33:20200529004328j:plain

こちらにも言い分はあるけれど、お互いに不毛な意見交換になってしまう事もあるだろう。たぶん、きっと、絶対!?

いや、絶対って事はないか。

理解しあえる結末が待っている。って事もあるかもしれない。

なんて事を思う間もなくただ走り去ったのだが。

 

そんな事もありつつも、今日はやってやった。

ポイント練習を完遂してやったどー!

 

あなた、VDOTを2段階下げたじゃないかって?

 

そこは弱い自分を受け入れるという強さなんだということを、自分自身に強調しておきたい。

 

そしてそれは練習終了40秒前にした脱糞にも同じことが言えるのではなかろうか。

 

たぶん、きっと、絶対!?

今日のランニング

2020/05/28(木) くもり 20℃

  1. Eペース走 20分
  2. クルーズインターバル 5:00/㎞(1.6㎞+休憩1分)×3
  3. Eペース走 20分

f:id:sunchan33:20200529000252j:plain

クルーズインターバル1本目は結構苦しく感じて、1分の休憩が設定間違えて10秒にしちゃったかなと本気で思うくらいだった。

f:id:sunchan33:20200529000302p:plain

しかし、2本目からはちょっと楽に感じた。

3本目はさらに楽な感じに。

なんか詰まっていた部分が洗い流された気がした。

f:id:sunchan33:20200529000312j:plain

お腹は家までもちそうだったけど終了間際公衆トイレに駆け込む。

ともあれ、久しぶりに成功体験をつめたので良かった。

今月の走行距離

  • 183km

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

 

じゅもんが ちがいます

(じゅもんが ちがいます)

小学生の頃、この言葉に何度なみだを飲んだことか…

 

そして今『ふっかつのじゅもん』は

また間違ってメモされていたようだ

 

2月頭の走力に戻れない

 

3年でサブ3の「サンサンクエスト」

予定より遅れを取ってしまっている

 

最近は冒険を進めるにあたり

敵が強すぎて前に進めないような状況

 

遠回りのようだが

いま一度レベル上げに精を出して

経験値を積んでいくしかない

f:id:sunchan33:20200527003808j:plain

VDOT41

ここからまたポイント練習耐性をつけていきたい

今日のランニング

2020/05/26(火) 小雨 20℃

  1. Eランニング 15分
  2. インターバル 4:26/㎞(4分+3分ジョグ)×4 
  3. Eランニング 15分
  4. WS×6
  5. Eランニング 10分

f:id:sunchan33:20200527004323j:plain

久しぶりのインターバルにチャレンジ

f:id:sunchan33:20200527004336p:plain

1本目からタイムを割る

3本目、4本目最後まで走ることもできない

f:id:sunchan33:20200527004343p:plain

もうVDOT下げないとポイント練習できなそうだ

f:id:sunchan33:20200527004348j:plain

今日は、インターバルをやろうと思ったことを1歩前進と受け止めたい

 

今月の走行距離

  • 171.3km

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

全てはメンタルのような気がしてきた

週の前半は思うように走れず。

火曜日はランニングの格好に着替え動的ストレッチを行い玄関のドアを開ける。まではいった。しかしポツリポツリと雨が降っている。モチベーションの低さのせいか、葛藤する間もなくそっとドアを閉じる。たいした雨ではなかっただけに残念無念裏飯屋…ちなみに家の裏に飯屋はない。

走りに行かなかったことを正当化するように体感トレを行う。おかげで体の感度が増す。いや、行ったのは体幹トレだ。

5/21(木)Eランニング 9.7㎞ (5:47/㎞)

5/22(金)クルーズインターバル 4:49/㎞(1㎞+休息1分)×3+Eランニング 8.1㎞ 

今日のランニング

2020/05/23(土) 晴れ 16℃

  1. ビルドアップ走(5:45/km20分、5:30/㎞20分、5:15/㎞20分)

f:id:sunchan33:20200524002326j:plain

ポイント練習耐性がかなり低下しているこの状況を打破すべく、きつすぎない程度に刺激を入れていく。来週は1.6㎞×3くらいの閾値走は行いたい。あとレぺかインターバルも入れたいがどうなるだろう…

f:id:sunchan33:20200524002338j:plain

3年でサブ3を達成する物語『サンサンクエスト』、暗雲立ち込めまくってます。壁が高すぎる。サブスリーってマジで尋常じゃないっす。みなさん超人です。私もせめて名前に超人っぽくマンをつけとけばよかった(泣)ミノワマンみたいに。

f:id:sunchan33:20200524002347j:plain

ポイント練習を行うメンタルよ戻ってこーい。

 今月の走行距離

  • 145.1km

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

今週のランニングMEMO

  • 5月11日(月)E 10.3㎞
  • 5月12日(火)E・R 10.4km
  • 5月13日(水)休足
  • 5月14日(木)インターミッテント 13.7km
  • 5月15日(金)E 9.6㎞
  • 5月16日(土)休足

月曜日の朝ランはめちゃくちゃ暑く、マスクランが結構苦しかったので火曜日からは夜オンリーのランニング。暑さのせいかVO2maxは50まで低下。

体重は減らず毎回体が重く感じる。育休が本日終わるので来週からは減少していけると思う。

走力強化の為に閾値走・インターバルをやろうかなと思いつつもなかなかできない。メンタル面がかなり弱体化してしまったようだ。

 

今日のランニング

2020/05/0517(日)22:32 晴れ 21℃

  1. Eランニング 40分
  2. WS×6
  3. Eランニング 10分

f:id:sunchan33:20200518005154j:plain

今月の走行距離

  • 116.2km

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

 

採血の達人2

 

前回のつづき

 

5月8日、かかりつけのクリニックで採血のため待合室で待機している。

「さんちゃ~ん」

「は~い」

自身の名前がアナウンスされた私は待合室の長椅子から腰を上げた。出迎えてくれた若い看護師さんが誘導してくれるので後ろをついて行く。どうやら今日は奥の個室へと案内される日のようだ。

かごの中に荷物を置き、促されるまま丸椅子に腰を下ろす。まずは体重・体調などを伝え、それから血圧と脈拍の足底、ん?測定。よし。血圧がうまく測れずカフを腕に巻きなおして再測定。何故か漂ってくる緊張感にドキがムネムネしてくる。

血圧・脈拍ともに異常なし。さぁいよいよ、次は採血だ。

消毒でかぶれが出ないかなど、お決まりの受け答えをする。

「いつもはどちらの腕でやりますか?」

「え~と、どちらからもやります」

親指を固く握りしめた両腕を、私は彼女に差し出す。まずは右腕をチェックしていく。しかし右腕は早々に見切りをつけられてしまう。左腕の血管を確認していく。若い看護師さんは難易度の高いであろう左腕の正中に照準を絞っているようだ。マスクの上に見えるきれいな瞳から迷いは感じられない。確固たる意思を感じるような真剣な眼差しだ。看護師さんは私の左上腕部に手慣れた感じでチューブを巻きつけると、パパパパっと素早くカルテを捲り何かを確認している。その時は何をそんなに熱心に確認しているのかわからなかった。

若い看護師さんで、奥の部屋に案内された為、最初は初々しい新人さんかなと思った。けれど、彼女の言葉、所作、確認作業からは、自信の無さや、慣れないことを行なう前の迷いや不安は感じられない。恐らくは私の勘違いだったのだろう。

腕を拭かれた後のアルコールが、熱を奪って瞬く間に蒸発していく。そして彼女の持つ注射器の針が左腕の皮膚を貫こうとする瞬間、私が発するものなのか、彼女が発するものなのかはわからないが、マジックを成功させる直前のような緊張感にこの場が包まれた。

私が先端恐怖症であったなら、恐らくここで気絶してしまっていただろう。張り詰めている緊張感は、注射針に向けられた視線が動く事を許してくれない。

そこからはあっという間であった。注射針の侵入を許してしまった私の血管からは、滞りなく採血管に血が送られていく。と同時に視線の固定を余儀なくされていた緊張感は霧散し、高揚感のようなものが小さな部屋を満たしていく。それは確かに彼女が発するものであった。そして新たなものと取り換えられ血がいっぱいになった採血管は、くるくると下に向けられたり上に向けられたりしながら手際よく保管されていく。

採血は無事に終わり、血が止まりにくい事はないかなど、これまたお決まりの文句に受け答えしながら、針が抜かれる。彼女は無事に採血を終えた印をつけるように、名残惜しそうにそこにテープを貼った。私は指示されるままにテープのうえから注射の跡を押さえて圧迫する。「ありがとうございました」と言ってすぐにその場所を離れてはいけないような厳かさがそこにはあった。というよりも何だろう。一度掴んだ鳥を再び野に放つのを惜しんでいるような雰囲気というか、彼女の視線や言葉の放ち方にそのように感じさせる何かがあった。私は何か言葉をかけるべきではないかと感じた。こういう時、巧者なら外角低めに逃げていく変化球を放つのかもしれない。もしくは強気な人であれば内角高めに力強いストレートを投げ込むのではないだろうか?しかしコミュニケーション能力の不足している私は、ど真ん中に全く面白みのない棒球を放り込む事しかできなかった。

「看護婦さんうまいですね」

しかも今時「看護婦さん」なんてあまり言わないような気もするし、それに「うまいですね」なんてちょっと変態的ではないかと若干恥ずかしくなった。彼女はそんな私の心情などは意に介さないように話し出した。

「実は前に失敗しているんです」

一瞬なんの事か理解できなかったが、すぐにいつか採血に失敗した娘だったんだとの思いに至った。しかも今日と同じ左の正中で失敗した娘だ。完全に回想モードになってしまった私には相変わらず棒球しか持ち手がない。

「あ、上手くなったんですね」

「一年間修行しました。今日はリベンジです」

なんと私の血管は見事にリベンジされてしまったのだ。熱心にカルテを捲っていたのは、今まで誰がどこから採血したのか確認していたのであろう。(誰が、はないかもしれないが)彼女が失敗した時のあの日の事を鮮明に思い出し、あれから努力して色々な経験を積んできたんだなと感慨深い思いに包まれていた私は、手持ちの棒球も尽きてしまい、多分「そうだったんですか」くらいしか言えなかったと思う。

お会計を済ませ自動扉を出ると、頭上には5月のさわやかな青空が高く広がっている。空を仰ぎ見た私は嬉しいリベンジに胸を躍らせながら家路を辿った。

 

今日のランニング

2020/05/10(日) 04:59 くもり 18℃

  1. Eランニング 90分

3:18に赤ちゃんが目覚めて、それから再び寝るまで一連のお世話をして、ワイフが起きてきたのでバトンタッチ。そして朝ランに出発。

夜ランもいいけど、朝ランはやっぱり気持ちいいなと感じる。

f:id:sunchan33:20200510074943p:plain

体力が落ちているのか90分でもきつい。

足も心肺も。

f:id:sunchan33:20200510074955p:plain

息苦しいのはマスクのせいもあるかも。

それか歯止めの利かない体重増加のせいか…

f:id:sunchan33:20200510075003p:plain


今月の走行距離

  • 62.4㎞

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

採血の達人

6年くらい前に患った甲状腺疾患の為、今でも定期的に血液検査を行っている。

本日はその採血の日。買い物、犬の散歩、ランニング以外では2ヶ月近くぶりの外出だ(笑)

あ、あと子供の予防接種も行ったか。

 

***

 

採血も何度もやられているうちに、その時々で機微がありおもしろさを感じるようになってくる。

 

私の通っているクリニックでは名前を呼ばれ入った直ぐのところで通常は採血をする。しかしたまに奥の個室に案内される事がある。このような場合は失敗する確率が非常に高まる。失敗というのは針を刺しても血が出てこないような事だ。そう、まだ慣れてないような人が採血をする時に奥のほうへと呼ばれていくのだ。

やはり慣れないことは誰でも緊張するだろう。練習と本番では違うだろうし。

しかし震える指先とプルプルしている針先を見つめているとこちらも緊張してくる。刺す瞬間は生唾ごっくんものだ。

心の中では(失敗しても大丈夫だから安心してやってください)と思っているのであるがあえて言葉にした事はない。これは私のコミュニケーション能力が低めで言葉のチョイスを誤ってしまう事が多々ある為だ。

ある時、針を刺して血が出てこなくて、そのままグリグリやってもちょっとしか血がでなくて、針を替えて刺しなおしてもうまくいかない事があった。すごく焦っているようだったので安心してもらおうと思って声をかけた。

「まだ慣れてないですか?」

「そんなことないです」

「そうですか」

とこんな感じになってしまい、その人はいつの間にかいなくなり、その後ベテラン看護師さんがやってきて血を抜いてもらった。というようなこともあった。本当は何度も練習してもらって構わないと思っていたのに、うまく伝えられず残念だった。

***

またある時、新人さんっぽい人に奥の部屋に連れていかれた。

その人はどうやら左の正中(肘が曲がる真ん中のほう)に刺そうとしているようだ。

基本的に私は採血しずらいというわけではないと思うけど、やりやすいというわけでもないようだ。私の腕の場合左の正中はすごく上手い人がやるという認識がある。見た目には静脈の位置がわからないので難易度は高いだろう。しかしここでやってもらうと不思議と痛みを感じる事が少ない。なので左の正中から採血する人は熟練の人なのだなと思っている。

ちなみに技量も経験もそこそこあるような人は左の外側の血管から血を抜くことが多い。一番簡単そうなのは右の内側からだろうなと自分では思っている。いちおう人によってやりやすい箇所や考えは違うだろうから、両腕を見てもらって好きな箇所で抜いてもらうようにはしている。機微を感じる部分はここなんだろう、きっと。

それで先ほどの新人さんっぽい人が挑んだ、左の正中からの採血は結局のところ失敗に終わってしまった。私は簡単に出来そうな右の内側でやってみたらどうだろうと思って

「腕替えてみましょうか?」

と言ったら

「カルテに前回は左の正中って書いてあるから…」

と言ってシュッといなくなってしまった。

心の中では(ちょっと待ってー、右の内側でやってみて~)と思ったけど時すでに遅し。自分のコミュニケーション能力の低さを呪った。そしてベテラン登場。この人は前回左の正中から採血をしてくれた方で、私的にはこのクリニックでNO.1のテクニシャンだと思ってるお人だ。それで今しがた左の正中で失敗してしまっているので、一体どこを攻めるのかなとワクワクしていると、右の正中に狙いを定めている事を悟った。えっ!私の心臓が早鐘を打つ。産まれてこのかた一度として突かれた事のないとこだ。

「ウソウソウソウソ!ヒーーーッ!」

 

神業に昇天した。

 

***

 

そんな事もありつつ今日の採血だ。

 

っと、やっとここまできたか。

 

長くなったのでつづくことにしよう。

 

 ***

 

とりあえず走りに行ってきます

 

今日のランニング

2020/05/08(金) 23:12 晴れ 17℃

  1. Eランニング 20分
  2. ウェーブ走 4㎞
  3. Eランニング 20分

f:id:sunchan33:20200509013031p:plain

ダニエルズ先生に従っていた頃の走力が向上していく感じがもはや懐かしい。

ポイント練習をこなしていくモチベーションもなかなか上がってこない。

f:id:sunchan33:20200509013044p:plain

練習内容をいま一度しっかり考え直そうかしら

f:id:sunchan33:20200509013059p:plain

戻ることない失った日々をまた手にしてみたい

 

今月の走行距離

  • 46.8km

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

 

視聴履歴

「PS4買ってあげようか?」

ワイフの甘い言葉に、私は抗う。

(その先に廃人化する自分が容易に想像できた為、だ)

も、Amazonプライム・ビデオに耽溺する日々を送る。

これ如何に?

 

走るモチベーション、一向に上がらぬ始末。

 

十姉妹「ププピ~」

蜩「カナカナー!」

 

~翻訳~

「ドラマに手を出すとヤバいぞ~」

「気をつけろー!」

 

というわけでですね、最近みた(あるいはみている)ドラマを書き出してみたい。

 

◇私だけみる

  • 『MR.ROBOT』…過去に最もはまったブレイキング・バッドなみにはまった。
  • 『Barry』…かなり笑える。ブラックコメディ。一話が短いのでサクサクみれる。
  • 『シリコンバレー』…途中ストレスのたまる展開も、シーズン5までみてしまった。

 

◇ワイフだけみる

  • 『魔法のレシピ』

 

◇一緒にみる

  • 『CHCUK』…ワイフはかなり好きなようだ
  • 『The・Boys』…シーズン2待ち
  • 『メンタリスト』…ワイフはみたり、みなかったり
  • 『ビッグバン★セオリー』…話が短いので気軽にみれる。笑える。

 

昨日のランニング

2020/05/7(木)2部連

  1. Eランニング 8㎞
  2. Eランニング 6㎞

f:id:sunchan33:20200508092913j:plain

朝はマスクラン

夜は途中でWS×6

 

なかなか継続して走れない日々を送る。

VO2maxは51にダウン。

 

今月の走行距離

  • 36km

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

2020年4月まとめ

2020年4月まとめ

走行距離

192.4km

f:id:sunchan33:20200502011736j:plain

f:id:sunchan33:20200502011752p:plain

中盤からモチベーションを維持することが出来ず、ポイント練習をやらなくなってしまった。終盤はインターミッテントやウェーブ走で多少の刺激を入れる。

中盤以降はALL夜10時過ぎのランニング。マスクなし。

いちおう昼間用にと『ヤケーヌ』『ポリウレタンマスク』を用意するも、今のところ出番なし。

体重

f:id:sunchan33:20200502012033p:plain

減量は5月から!

VO2max

f:id:sunchan33:20200502012155j:plain

ポイント練習をいれていくうちに51~53まで上がるも、ポイント練習をしなくなり52に再び下がる。

練習でのVDOT値

43のまま。

2月のピーク時の走力にはまだ戻らない感じ。やはりポイントを入れつつそれなりに距離を踏んでいかないと向上は難しいのかなと感じる。落ちるのは簡単だけど…維持するのがやっとな感じ。

今日のランニング

2020/05/01(金)22:29  晴れ 18℃

  1. Eランニング 10㎞

f:id:sunchan33:20200502013824j:plain

今月の走行距離

  • 10km

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ゲップの音に癒されて

 

ランニングとは「やっと出たゲップの音のようなものである」

 

例えば、睡眠不足でだんだん意識が朦朧としながらも、赤ちゃんを一人でみている男がいるとしよう。寝落ちしつつもなんとかミルクを飲ませ、げっぷさせようと、「トントン、トントン、ヒノノニトン」と唱えながら背中を叩いていたら、うんちをした。そこでオムツを替えようとして、お尻を拭いていたら、オシッコがレーザービームのように飛んでくる。疲れていて防御態勢が整っていなかったので、とっさに手のひらでガード。しかし、周囲も自身の衣類もビーム砲を被弾してしまう。慌てて対処するも束の間、もう出ないと思っていたうんちが、また噴射する。と同時に口からミルクを吐き、泣き出す赤ちゃん。

着替えさせなければ、いやうんちが先だ、まて、吐いたミルクをなんとかしてあげよう、まるで綱渡りをしているかのような精神状態の最中、ウンコをするワンちゃんと目が合う。彼の意識はだんだんと遠くなっていく…

 

女神は、

 

降臨しない。

 

***

人は時に、様々な状況におかれて、疲れが溜まってしまう時もあるだろう。

 

上のはあくまでも仮の話だ。

 

一番いいのは寝る事だと思う。体力が回復して元気になる。

まぁ、寝れればの話ではあるが。(上記の例え話の男の場合は、女神が降臨するか、赤ちゃんが微笑んで入眠してくれれば、寝る事ができるだろう)

 

人間、時には長めに寝る事も必要だ。

人々が疲れた時に、安らかに眠れることを祈ろう。

 

***

 

あとランニング、これもいいね。

精神がリフレッシュされてスッキリする。

なかなか出なくて、やっと出たゲップの音を聞いた時のようにね。

 

今日のランニング

2020/04/11(土)

1部 0:01 晴れ 11℃

右足の足底が痛い?(土踏まずのとこがつってるような)感じがして1.5㎞で終了。帰ろうとして歩いていたら、徐々に走れそうな感じになってきて、レペティションペースで1㎞走れるかな?とふと思い立ちやってみるも苦しすぎて断念。その後1㎞軽く走って帰る。

f:id:sunchan33:20200411184506j:plain

2部 11:53 14℃ 晴れ

  1. Eペース走 20分
  2. 閾値走 20分 12分
  3. 休憩 1分
  4. Eペース走20分

f:id:sunchan33:20200411185009j:plain

閾値走は結構息が上がってきて走りづらく(昼間は何気に人が多くて)途中で中止。

f:id:sunchan33:20200411185042j:plain

1分休憩し息を整え帰路につく。

f:id:sunchan33:20200411185024p:plain

このご時世、呼吸が激しくなるような練習は、夜の方が人が少なくていいかも

f:id:sunchan33:20200411185032j:plain


今月の走行距離

  • 74.9km

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

モスチーズバーガー食べたい

昨日は走れた

今日は休足日

明日は走る予定

 

そうだ、スギ花粉はまだ舞ってるよね?

そうさ、スギ花粉はまだ舞ってるさ

 

くしゃみ、出るだろ?

くしゃみ、でるね

 

あさっては走れるかな?

そんな遠くの事はわからないよ

 

Que Sera,Seraって笑いながら

また明日を迎えるのさ

昨日のランニング

2020/04/08(水) 00:45 晴れ 16℃

  1. Eペース走 40分
  2. WS×6
  3. Eペース走20分

f:id:sunchan33:20200409004604j:plain

ヒッヒッフー!

ヒッヒッフー!

f:id:sunchan33:20200409004648p:plain

今月の走行距離

  • 61.9km

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

腰痛よ、サヨウナラ2

www.33quest.club

前回のつづき

仙腸関節障害に伴う腰痛・股関節痛(鼠径部の痛みや抜け感)・右脚の痺れ感を、日々のケアで軽減しながら行っていたランニング。

 

そんなランニング生活に朗報をひとつ。

 

最近あるものを使って、仙腸関節障害に基づく痛みや違和感が、劇的に改善されつつある。

 

それは何か

 

それはこちら、ババン↓

 

f:id:sunchan33:20200405165258j:plain

 ザ・バランスボール

赤ちゃんを寝かしつけるために再び命(空気)を吹き込まれたバランスボール。

 

これに腰掛けてボインボインと跳ねていたある日の昼下がり。

私が腰痛もちで、普段から色々な事を試しているのを知っているワイフが言った。

「バランスボール、腰痛にもきくよ」

かがんで作業をして立ち上がった時、家具のへりに後頭部をぶつけた時のような衝撃が私を襲った。その衝撃は、バランスボールと共に封印されていた私の記憶を、解き放つのには十分なものであった。

 

それから私の尻は貪るように、バランスボールに喰らいついた。

 

バランスボールで行ってみた事

  • 座って骨盤を前後に動かす
  • 座って骨盤を左右に動かす
  • 座って骨盤を円を描くように回す
  • 座ってツイスト運動
  • うつぶせになって腰や仙腸関節をリラックスさせてを伸ばす

 

  • 足を地面につきバランスボールの上で横向きになり手を頭の方に伸ばす。地面側の手は地面について支える。そのままねじって戻す運動。(腰・脇腹の下あたりにバランスボールがあるような感じ)

主に上記のような事を日々30回ずつ3セットくらい行った。

以前のケアだと10のうち4か3くらいまでしか軽減できなかったものが、バランスボールを使ってからは1くらいまで軽減できるようになった。

 

***

 

他にも様々なストレッチや体幹トレーニングにも使えるので、我が家のバランスボールは、当分の間空気を抜かれる事はないと思われる。

昨夜のランニング

2020/04/07(火) 23:30 晴れ 12℃

  1. Eペース走 20分
  2. レペティション 4:05/km(400m+ジョグ400m)×10 
  3. ジョグ 10分

f:id:sunchan33:20200408130528j:plain

レペティションは全然ダメですね。あまりの苦しさに6本目で終了しかけました。

なかなか設定タイムに保てない。

f:id:sunchan33:20200408130536j:plain

レペティション後、腹痛が来てトイレへ。

f:id:sunchan33:20200408130542j:plain

 

VO2maxがやっとひとつもどった。

f:id:sunchan33:20200408130547j:plain


 今月の走行距離

  • 50.8km

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

腰痛よ、サヨウナラ

最近劇的に仙腸関節障害による症状が快方に向かっている。

詳細は後日にまとめるとして、とりあえずザックリとしたものを記してみたい。

 

◇仙腸関節障害による主な症状

  • 腰痛(右)
  • 鼠径部の痛み、違和感(右)
  • 痺れ感(右、ひざ下くらいまで、ケア後は弱まる)

慢性的すぎるのでケガや故障とは認識していない。

 

◇今まで行ってみた事

  • ストレッチ(動的・静的)
  • ヨガ的な動き
  • 腰に良いと言われるような動きや体操
  • ゴムバンドや骨盤枕などの道具を使った動き
  • ボールやフォームローラーを使った仙腸関節へのアプローチ(ボールで2回程無痛状態に持っていけるもすぐに戻ってしまう。そして毎回その状態にもっていけるわけでもない)

このような事をしながらひどくなった症状を軽減しつつランニングをするような感じであった。

以前は良く整体などにも足を運んでいたが、施術してもらったその時は気持ち良く、また、一時的に治ったかにみえても結局またすぐに戻ってしまう。そんな感じなので最近は足が遠のいている。

 

◇今までの主だったランニング中のケガ

  • 腸脛靭帯炎(左)
  • 肉離れ(左)

痛みにより無意識的に右足の動きが悪くなっていて左にばかり負担がかかるのか、ケガは左足ばかりに起こる。(走りながら治りそうなものを除く)

 

***

 

このような感じで送っていたランニング生活に今、一筋の光が差し込んでいる。

 

仙腸関節障害やそれに伴う痛み・違和感・痺れが劇的に弱まってきている。

 

一体なぜ快方に向かっているのか?

 

私は上記のものに加え最近あるものを使って運動をしているのだ。

 

それは、

 

う、

 

いかん、赤子の鳴き声が聞こえてきた。

 

残念ながら今回は時間切れだ。

 

またお会いしましょう。

今日のランニング

2020/04/05(日) 晴れ 12℃

  1. Eペース走 90分

90分でも結構疲れる。

f:id:sunchan33:20200405165344j:plain

今月の走行距離

  • 38.1km

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

赤ちゃんを寝かせる方法

子供が産まれるまではわりと好きな時にいつでも走りに行けていた。

しかし最近はなかなかそうもいかない。

 

いちおう「今日○○時頃走りに行ってくるね」と伝えておいて、いざ走りに行こうとしても、なんとなくワイフの表情に疲れが見受けられたりしたら、ワイフを寝かせて赤ちゃんの寝かしつけもせねばならぬ。

シューズを履いて家を出ようとした瞬間、赤ちゃんが泣きだした時なんかは再びシューズの紐をほどくことになる。

 

***

 

うちの赤ちゃんはどうも抱っこしてスクワットされるのが好きなようだ。

深いスクワットではなく浅めのリズミカルなスクワット。

反町隆史さんの『POISON』も驚きの効果である。

大抵はおとなしくなって寝てしまう。

自分のトレーニングにもなるし、これはなかなかいい不思議発見であった。

✱✱✱

ランニングの格好をしてからの寝かしつけスクワットをやり過ぎて、走りに行けなくなってしまう事もある。足が疲れてしまって…

調べてみると寝かしつけを助ける椅子なんかもあるようだ。しかしお値段が結構するので手は出せない。

そこで足が疲れずに同じような効果を発揮できる方法はないかなと考えた結果がこれだ。

f:id:sunchan33:20200404130605p:plain

ザ・バランスボール

邪魔もの扱いされ、空気を抜かれ、畳まれ、しまわれていたこいつが再び脚光を浴びる時が来た。赤ちゃんを抱っこしてこれに腰掛けてボインボインとするとあら不思議、寝かしつけスクワットと同等の効果が発揮されるのである。

ワイフに教えてあげたら気に入ってくれたようだ。

今日もボインボインしている。

 

今日のランニング

2020/04/04(土) 3:21 晴れ 12℃

  1. Eランニング 20分
  2. 閾値走 4:49/km 20分
  3. 休憩 2分
  4. WS×8
  5. Eランニング 15分

先週走り切れなかった閾値走20分。本日再チャレンジ。

練習をうまく繋げてこれなかったので自信は無い。

f:id:sunchan33:20200404121207p:plain

しかし、息は切れまくっていたけどなんとか走れた。

10分過ぎから結構苦しくて、15分でもう無理って感じからの残り5分。陸地で溺れるかと思うほどの苦しさ。撃沈したら練習用VDOT値を下げようと思っていたけれど、マラの皮、いや、面の皮イチマイつながる。

f:id:sunchan33:20200404122650p:plain

閾値走のじわりじわりと苦しみが蓄積されていく感じ、心拍グラフによく表れていると思う。ラスト5分は気持ち的には振り絞れた感がある。

f:id:sunchan33:20200404121221p:plain

33QUEST(サンサンクエスト)の旅、まだまだ先は長い…

今月の走行距離

  • 22.3km

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村